知っていますか?国民医療費の高騰化

医療費はうなぎのぼりに増えています。
高齢化が加速しているのが原因だと思われている人も多いでしょうが、それが一概にそうともいえません。

 

この原因薬や治療における技術革新。
薬や治療が効果的なものを生み出すには研究が必要不可欠。
この研究費が膨らんでいるんですね。

 

70歳以上の医療費が70歳未満の約5倍使っている計算になり、
10年もすればその数が倍増することは見てのとおりです。

 

日本の人口は逆三角形になり高齢者が多く若年者が少ないカタチへシフトしています。

 

国民医療費は2000年から2010年でなんと25%弱もうなぎのぼりなんです。

 

国民医療費

引用元:厚生労働省

 

このペースは国民総生産や国民所得を上回る勢いで増えています。

 

そんな結末は既に見え隠れしていますよね。

 

医学が進歩し、技術の向上が促されるのは良いですが、結果として生み出されるものはなんでしょうか。

 

自然と少子高齢化。
平均寿命の上昇と、高齢者人口の増大に伴う就業世代の人口減。

 

人の高齢者を4人で支えているのが2人なり最後に1人になると言われます。
年金どころの財政状況ではありませんよね。

 

純粋に技術の革新により平均寿命が増えることが国の幸せに直結しないという点がもどかしいですよね。

 

 

関連ページ

国民医療費について簡単に説明します
当サイトは管理人が虫歯予防に必要と思った記事を備忘録的に記録しています。
高齢化が招く医療費高騰
当サイトは管理人が虫歯予防に必要と思った記事を備忘録的に記録しています。