虫歯予防が国を救う

虫歯予防の早期発見、早期治療と謳われてきたのはもう20年ほど前のこと。

 

現在、虫歯の本数は20年前と比べて4分の1まで減少しました。

 

4本あった虫歯がほぼ1本になっという統計がでています。

 

この虫歯の減少、虫歯予防に効果的と思われているフッ素の効果と思いきや、いちがいにはそうは言い切れないそうです。

 

この虫歯数減少とフッ素は関係性がないとのこと。
ぶっちゃけフッ素を使ったからといって虫歯減少に繋がっているかは理論上説明が付かないそうです。

 

ですが、年々減り続けている虫歯。

 

この状況は明らかで歯科医の生活事情も大幅に変化しています。

 

虫歯だけを治療していても食べていけず、サラリーマンと所得を同じとする歯科医院が増えています。

 

虫歯の治療に保険外を適用して治療される方は少ないと思うのでほとんどの歯医者が保険で食べているような状態だったのでしょう。
実際、4分の1まで患者さんが減っているということは収入も4分の1でもおかしくはありませんね。

 

虫歯で破綻しそうになった国

虫歯で国の財政が圧迫して危機的状況に瀕していた国があるのを知っていますか?
今では信じられないかもしれませんが、あそこの国です。
虫歯予防の先進国として知られているフィンランド。

 

40年ほど前までさかのぼることになりますが、
当時フィンランドは経済状況が芳しくなく財政が緊迫していました。

 

その原因が医療費です。

 

当時フィンランドは7本あまりの虫歯が平均でした、日本が5本でしたのでこの多さはいうまでもないと思います。

 

虫歯の治療にかかる医療費はハンパではなく財政を圧迫する結果を招きました。
この理由からフィンランドでは、虫歯を予防するという方向へシフトしました。
虫歯予防へシフトした理由は、
虫歯は予防することが可能でしかも比較的カンタンに行えるという点でした。

 

政府主導で研究がすすめられさらに治療するよりも予防が治療費よりも安価に済むことも判明しました。

 

大学、歯科医師、国民教育を施し、虫歯は感染症であること。予防できること。定期健診を行うこと。
など徹底的に行った結果が今に至っています。

 

 

このように虫歯は早期発見、早期治療と謳ってはいますが、医療費の高騰を招き自分の首を自分でしめるようなもの。

 

日本ではまだまだ、予防に力をいれている歯医者さんが少ない事実正直残念でなりません。

 

あなたがもしも歯医者を選ぶ際のポイントとしてナニを選びますか?

 

虫歯になったら早めに通院してくださいね!

 

虫歯にならないように予防に努めに一緒にがんばりませんか?

 

極端なたとえですが、
あなたならどちらの歯医者がいいですか?

 

わたしなら後者の歯医者さんが信頼を持てるというもの。

 

 

 

メディアで話題!口内フローラを理解できれば健康が手に入る?

口内フローラが整えることができれば、家庭でも最新の医学が体験できる時代に突入できそうです。

 

口の中には、多彩な細菌と多種多様の細菌が住む細菌巣窟です。このバランスが崩れることで虫歯だけでなく驚愕に恐ろしい病魔が体に迫り心筋梗塞、脳卒中、がんなどのリスクも上昇することがわかってきています。

 

とはいえ、カラダの中で唯一細菌の出入りが容易であるのがお口であります。

 

そのお口の状態にいる細菌たちがそれぞれ善玉菌、悪玉菌、日和見菌とわかれバランスを保ちつつ口内の健康を保っていることをご存知ですか?

 

善玉菌、悪玉菌はよく知られていますが、日和見菌はあまり知られていないかもしれませんね。

 

日和見菌は善玉菌が増えてもおとなしい菌ですが、悪玉菌が増えると一緒になって悪さをしてしまう菌でもあります。結果バランスが崩れ不健康になってしまうことがわかっています。

 

ですから、
悪玉菌を増やさず、善玉菌を増やすこと、善玉菌を維持することが健康を維持するためには何よりも大切なことです。

 

菌は口から入りさらに体の中や脳内にまで達してしまうことが示唆されているのです。

 

そもそも口内フローラとは

口内フローラとは口内細菌叢(こうないさいきんそう)といい細菌の集まりのことです。

 

口内と同じように細菌が集まりフローラ(花畑)を形成しているのは口だけではありません。

 

腸内も同じように細菌が形成しています。腸内フローラという言葉を聞いたことがある方も少なからずあるはずです。腸内環境が整えられると得られるメリットが大きいことはご存知でしょう。

 

  • 便秘の改善
  • 体臭予防
  • 口臭予防
  • アンチエイジング効果
  • アレルギーの緩和
  • ダイエット効果

 

一部ですが、これだけの効果があることが知られています。

 

 

新生児のアレルギーは善玉菌不足

中でも最近の研究で分かってきたのが、赤ちゃんが産まれてきてアレルギーになるのかどうかは母親の善玉菌が深くかかわっているという点です。ただし、全てに言えることではなく予測の一つとして理解する必要がありますが。

 

 

具体的には九州大学でその研究論がはぴょうされ腸内細菌=善玉菌が多い少ないという比較データの結果から推測されています。

 

食物アレルギーの子供よりもアレルギーを発症していない子供は66%も多く善玉菌という結果に見ることができます。

 

 

赤ちゃんは生まれてきたときは無菌の状態です。ではどうして細菌が定着するのでしょうか。赤ちゃんが産まれてくるときは、産道を通り母親が持ち合わせている菌を受け継ぎ誕生します。

 

産まれて母乳を飲みお腹の中の善玉菌を増やします。10%ほどが悪玉菌や日和見菌の割合ほどです。

 

しかし、母乳だけでは善玉菌は増えにくいので粉ミルクを利用してオリゴ糖を増やしてあげます。結果善玉菌はオリゴ糖を糧に増えることができます。

 

では、粉ミルクと母乳だけで本当に赤ちゃんの善玉菌を増やすことはできるのでしょうか。

 

赤ちゃんが使用する哺乳瓶などを必ず殺菌し赤ちゃんに害がないようになすわけですが、衛生的な部分ばかりに目を向けてしまうのも良い菌まで殺菌してしまう可能性も否定できません。

 

殺菌というのは、その名の通り菌を殺してしまうものです。
体に害がある菌だけでなく良い菌まで殺すからです。

 

もちろん、キレイにすること清潔にすることは大切です。

 

母親の出産前の食事も重要です!

妊娠中はつわりの具合にもよるので一言では言えませんし、食べられるものも限られますよね。できる限り乳酸菌が多く含まれる食品、発酵食品を食べることで改善も期待できそうですね。

 

妊娠中だけでなく、出産後も不安は付きまといます。
フィンランドでは、ヌボラという妊娠期から就学まで子供の成長、夫婦、家族全体の健康から精神面までサポートしてくれる場があるそうです。

 

食事についてや生活方法まで細かくサポートしてくれるそうです。国内では、三重県や千葉県でも導入が始まっています。

 

包括的な支援拠点が増えることで赤ちゃんも家族も幸せになれる体制が確立されてきています。

 

厚生労働省も自治体に拠点づくりを推奨しています。
出典:フィンランド大使館

 

 

子供の虫歯予防にはいちごが最適!

苺に豊富に含まれている成分それがキシリトールです。

 

いちごは子どもから大人まで大好きな食べ物です。しかし、イチゴにも糖分(果糖)が含まれているので苺だけでは虫歯予防効果は少ないそうです。

 

必ず歯磨きは必要なのです。

 

残念なことばかりではありません。いちごを食べて虫歯予防というのは難しそうですが、いちご味のものを上手に使うことで虫歯予防は叶います。

 

嫌いな味よりも大好きな味を選ぶことで歯磨きが苦手でもついついしたくなってしまうもの。

 

上手に活用したいものです。

 

授乳と虫歯

母乳で育てていると必ず当たるのが、母乳が虫歯になる断乳しなければならないのでは?という点です。

 

夜泣きが酷く、夜間授乳をせざるえない理由も多くあります。

 

夜泣きの理由は成長の過程で様々な情報を吸収する上で脳の発達にはどうしても必要な工程ですし、不安を感じることもあります。それが夜泣きです。
夜泣きはをすることで成長には欠かせない工程の一つであることを理解する必要があります。

 

夜間授乳が悪いと判断する方も多いですが、問題はそこではありません。

 

授乳後、汚れた歯をそのままにすることが虫歯の理由と考えられます。寝る前にしっかりと歯磨きをしてあげることで虫歯予防には大きく期待できます。

 

まずそれには、お口の中に歯ブラシを入れる違和感に慣れること、歯磨きが苦しい、つらいことではない。ということをよく慣れさせてスムーズに歯磨きできるようにすることが大切です。

 

可能であれば、夜間授乳後にガーゼで拭いてあげてもいいかもしれませんね。

お口を殺菌しないで善玉菌を増やせる歯磨き粉

ブリアンは歯磨き粉が初めてのお子さんに使ってもらいたい

 

世界初虫歯菌を除去する有効成分を含んだ歯磨き粉。小さいお子さんが使っても喜ぶ”いちご”味。歯磨きは虫歯予防の基本!歯磨きが好きになるか嫌いになるかでリスクは大きく変わってきます。歯磨きが嫌いにならないように歯磨きタイムを作りませんか。

更新履歴